ごあいさつ   画像
 みなさま、こんにちは。
小櫻助産院 院長の小櫻麻衣子です。
今まで多くのお母さんと赤ちゃんのケアに,病院勤務や新生児訪問を通して携わってきましたが、取り分け母乳の悩みが多いなと感じました。日本では、母乳育児を希望する妊婦さんは98%いるにも関わらず,実際に母乳育児で育てているお母さんは1ヶ月時点で51.3%,3ヶ月時点で54.7%に留まります。当初の希望より数値が約半数に留まる要因は「母乳が足りているかわからない」「母乳が不足気味」「母乳が負担・大変」と、授乳に困ったことがあるお母さんが、69.6%存在しています。
(厚生労働省 H27年度 乳幼児栄養調査結果概要)
そのため、専門的な知識と技術を持ってバックアップしてくれる存在は不可欠です。
しかし、お母さんの元々のニーズ,現状(喜び,幸せ,不安,辛さ,悩み等)を十分に理解し,お母さん一人一人に合ったケアを身近で相談,サポートしてくれる場所は,まだまだ少ないように感じます。
母乳育児が軌道に乗るまでは,決して楽ではありません。
しかし,お母さんの努力,頑張りは必ず成果があります。
成果は1年,2年では見えにくものです。
10年,20年後に必ず分かります。
今がきつく,しんどく感じるお母さんは,もしかするときつく,しんどい方法しか知らないのかも知れません。
または,一人で頑張り過ぎていることに気づいていないのかも知れません。
お母さん。どうぞ,私にお任せください。
お母さんの気持ちに寄り添い,お母さんと赤ちゃんにぴったり合った母乳育児を,笑顔の卒乳までサポートいたします。
 
 
 
プロフィール
 
【出身地】
鹿児島県
 
【経歴】
平成 14年3月   鹿児島大学医療技術短期大学部助産学特別専攻卒業
平成 14年4月   鹿児島大学医学部・歯学部付属病院
   |      産婦人科病棟配属
平成 17年1月
平成 17年1月   新生児集中治療室配属(年間200-250件)
   | 
平成 19年3月 
平成 19年4月 手術部配属13診療科の手術看護(年間250件担当)
    |
平成 23年3月 
平成 23年4月 新生児集中治療室配属(年間200件)
平成 27年3月   鹿児島大学病院退職
 
平成 27年4月 綾瀬産婦人科・産後ケア勤務       
   |    産後ケア120症例
        母乳外来(育児相談含む500例)
平成 28年12月 綾瀬産婦人科・産後ケア退職
 
平成 29年2月 助産院開業
                       
 
【取得免許・資格】
看護師免許
助産師免許
PEARSプロバイダー
 
【所属学会・会員】      
日本助産師会      
千葉県助産師会